ツインレイのサイレント期間にランナーが逃げる理由とその気持ち

ツインレイのサイレント期間とは、片方がランナーとなってチェイサーの元から逃げ、会えなくなってしまう期間のことです。チェイサーにとっては、なんでランナーが逃げてしまったのかと悩み、辛い期間となります。一方で、ランナーも苦しんでおり、逃げてしまうだけの理由があります。今回は、ランナーが逃げる理由について書きました。もちろん、理由がこれだけとは限りませんが、参考にしてみてください。

ツインレイのランナーが逃げる理由は自分に自信がないから

ランナーが逃げる大きな理由は、自分に自信がないためです。ツインレイの女性は男性側にとって女神のように美しい存在ですし、ツインレイの男性は女性側にとって救世主のように光り輝いている存在で、お互いに異性として完璧すぎるほど魅力的な存在だと感じています。そのため、どちらか片方、もしくは両方が「こんな素敵な人、僕(私)には釣り合わない」と自信をなくしてしまうのです。

とくにツインレイの格差が大きい場合、それを片方がすごく気にしてしまいます。格差というのは、貧富の差(片方は裕福なのにもう片方は貧乏)や社会的立場の格差(たとえば、片方は企業の社長でもう片方はフリーター)あとは年齢差などがあります。

ツインレイの格差というのは、一般的には恋愛関係に発展することがないくらい大きなもので、雲の上の人のようなツインレイと自分を比べて「自分なんて・・・」と自虐的になってしまいます。

ランナーとなってしまう側は、ツインレイと向き合おうとするたびに、その格差の大きさに絶望します。そして、自信を失って自己嫌悪に陥り、自分のダメなところを頭の中でグルグルと考え続けてはさらに自分が嫌いになり、過去の心の傷を何度も傷つけられます。

それに心が耐えられなくなったときに、愛するツインレイの元から離れる決意をするのです。しかし、別れのあとは、それまで経験したことがないほどの心が引き裂かれるような辛さを感じています。

ランナーと突然離れ離れになり、連絡さえとれなくなったチェイサーは、とてもショックを受け、自分のどこがいけなかったのだろうと思い詰めます。ですが、誰よりも深く強く愛するツインレイとの関係を自分自身で切り裂いたランナーのほうが、辛さでいえばずっと上かもしれません。

ツインレイのランナーをチェイサーが追いかけるべきでない理由

逃げたランナーに対して、チェイサーが電話やLINEで何度も連絡を入れるなどして追いかけてしまいますが、これはあまりよくありません。それは、ランナーにとってサイレント期間は、自分自信の問題と徹底的に向き合う期間だからです。

ランナーは自分の問題と向き合うときに、チェイサーへの大きな愛が意識上にあっては集中できないので、その愛は心の奥にしまい込んでいる状態にあります。そのような状態のときに、連絡を何度も入れるなどしてチェイサーのことを思い出させてしまうと、サイレント期間がさらに長引いてしまう場合があります。

ランナーが逃げた原因が自信喪失や格差である場合、チェイサーに釣り合うと思うレベルまで自分の実力や社会的立場を上げたり、もしくは別の方法で自己肯定感を高めたりするでしょう。逃げる原因となった問題を解消する方法はいくつもあります。問題が解消するまで、どのくらいかかるかは人それぞれですが、ランナーには自分のペースで取り組ませてあげたほうがいいです。

また、サイレント期間は、ランナーにとって自分の問題だけではなく、ツインレイと一緒に人生を歩むうえで障害となること(家庭の問題、経済的な問題など)も解決するための時間となります。その障害は、もしツインレイと出会っていなければ、そのままズルズルと解決せずにいたことかもしれません。しかし、ツインレイと再会するときは、今度こそ真剣に向き合いたいからこそ、このような障害も先に片づけておく必要があるのです。

サイレント期間のランナーの気持ち

サイレント期間に、ランナーはチェイサーに「待っていてほしい」と思っています。しかし、それをチェイサーに伝えることはないかもしれません。チェイサーの元に戻れるまで何年かかるかわからないし、自分でも戻れる確証が持てないからです。それに、自分とは全然釣り合わない、とても魅力的なチェイサーのことを、縛れるとは思っていないし、縛りたくないからです。

大好きなチェイサーからの連絡を無視することもあります。それは、まだ自分に自信がない状態でチェイサーと関わりたくないからです。チェイサーのことを考えると、また深く傷ついてしまうことが怖いのです。チェイサーが追いかけるほどランナーは逃げてしまい、チェイサーは自分が拒絶されているとショックを受けるでしょう。しかし、そうではないことをわかってあげてください。

ランナーが自分や自分の身の回りの問題を解決しようと一生懸命になっている間、チェイサーはしつこく連絡をしたりせず、ランナーのことを信じて待ってあげてください。ランナーがチェイサーのことを忘れ、そのまま自然消滅するということはツインレイの間に起こり得ません。ランナーはいつも潜在意識でチェイサーのことを想っていますし、早く会いたいと願っています。たとえ、第三者からは自然消滅に見えるような状態となってしまっても、ツインレイがお互いを深く愛する気持ちは変わらないのです。

おわりに
サイレント期間は、ランナーだけではなくチェイサーにとっても自分と向き合うための大切な時間となります。再会したときにより素敵な自分の姿を見せられるよう、自分磨きをしてみてください。

ツインレイかどうか確実に知りたい方、ツインレイの悩みがある方、予約必須の超人気ツインレイ(ツインソウル)鑑定士に無料で見てもらえます!

私もよく利用する電話占いヴェルニでは、無料会員登録後に最大5000ポイントプレゼントされるので、ポイントを使えば無料で鑑定を受けられます!プロ占い師1,000名以上が在籍するヴェルニで、トップクラスの人気があるツインレイ(ツインソウル)鑑定士の神楽先生に相談してみてください。レビューを見ればそのすごさがわかるので、ぜひレビューだけでも(無料会員登録後に見れます)⇒電話占いヴェルニ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする